神戸の裏風俗のお話

神戸の裏風俗というのをご存知ですか? 裏風俗というとアングラ臭漂う言葉ですが、神戸の裏風俗と聞いて皆さんは何を思い浮かべますか?

例えば無許可営業の風俗店や本番のある風俗店でしょうか? それともデリヘルや風俗エステ、ソープとは全く違うジャンルの風俗店でしょうか?

僕が裏風俗と聞いて思い浮かべるのは、神戸の福原の通称”たちんぼ”や三宮のスナックビルでこっそり営業しているような外国籍の方の風俗ですね。

営業届けを出さすに営業しているような風俗店も、まあ裏と言っちゃ裏ですけど、アングラ臭がしないですね。神戸の裏風俗と呼ぶには少しパンチが足りない。

営業届けを出していないのにはいくつか理由があると思いますが、例えばデリヘルだと事務所として登録するために今は家主の承認が必要だったりして物件が見つからなかったり、あっても家賃が高かったりで、それならリスク込みで安く始めて儲かったらちゃんとしたところを借りて営業すればいいやという軽い考えから・・・なんて想像をしちゃいますね。

話は戻りますが、スナックビルでこっそりと営業しているような神戸の裏風俗は消えるのも早いのではないしょうか。公に営業できない以上、こっそりと酔っ払いでも捕まえてくるしかないですし、すぐに見つかってしまいますからね。

理由があって隠れて営業している訳ですから、クオリティーも低い。そりゃあ酔っ払いしか連れ込めないですよ。下手すりゃ行為に及んだことでお客さんのほうが逮捕される可能性だって高い。

そんなんやってられません。ですから、神戸の裏風俗に思いを馳せてチャレンジャーになるのはいいですが、良いことなんてありませんよ。

きちんとした福原のソープランドや名の通ったヘルスを利用するのが一番です。