三ノ宮で裏風俗を体験

三ノ宮で裏風俗であろうものを体験したことがある。当時の会社の同僚は皆比較的若く勢いがあったので毎週のように三ノ宮や梅田に繰り出してはキャバクラに行ったりして飲んでいた。

その日もキャバクラで少し遊んでお開きになったが、酔いもあってまだ数人が遊び足りないと深夜の三ノ宮を練り歩いていると東急ハンズの近くで声を掛けられた。酔っぱらい相手の客引きである。後で分かったがそれも裏風俗だ。

私は乗り気ではなかったが同僚が何やら値段の交渉をして結局よく分からない店に行くことになった。

場所は東門街の中ほどあたりだっと記憶している。よくある雑居ビルのスナックといった感じだが中に入ると照明が随分と落とされていて中は殆ど見えないような店だった。

入るとすぐに我々一人一人に女性が付き、仕切られた電話ボックスのように狭いブースにばらばらになって入った。私の相手は暗くて顔も殆ど見えないが声と喋り方から50歳くらいでおそらく日本人ではないと思われた。普段ならありえないことだが酒に酔った勢いは恐ろしい。

後はよくあるパターンだ。触らせてその先があるように仄めかして(実際にあるのだが)追加料金を要求する。3千円で遊べるつもりが気がつくと2万円くらい払うことになる。

今から思えばそれくらいで済んで良かったと思う。薄い水割りを1杯で不当な料金を請求する酷い飲み屋でなかっただけマシだ。

そしてこの時の三ノ宮での裏風俗の体験は安い授業料だったと思うことにしている。以来、酒を飲んでも怪しい呼び込みに付いていくことはなくなったから。

投稿者 元神戸っ子様